賃貸物件を利用する時に把握すべきことを学ぼう|高級感のある賃貸

不動産選びで大事なポイントについて

交渉の重要性

家賃は交渉してみましょう

マンションにもいろいろな種類があります。バブル期に建設されたマンションは床面積も小さく、必要最低限のものしか揃っていないものが多いです。ワンルームマンションの場合、バス、トイレ、洗面台の3点セットが基本で、洗濯機置き場は外にあることが一般的です。人口が増加している時代では、狭くても借りてくれる人が多くいたので、このようなマンションでも成り立っていました。しかし、今は人口減少時代にあります。住めればよいというマンションから、付加価値のあるマンションを希望する人もだんだん増えてきています。そこでデザイナーズマンションが人気です。賃料が高いというイメージもありますが、時期を選んで申し込みをすれば家賃を下げてもらうこともできます。

築年数が浅めの物件がねらい目です

デザイナーズマンションの場合、周辺の平均的家賃相場より1割から2割高い賃料で設定されていることが多いです。新築のデザイナーズマンションだともう少し高い傾向にあります。ねらい目は築年数が少し経ったデザイナーズマンションです。築年数が経ちすぎていると、傷みが目立ってきますし、設備も古いものがそのままになっています。比較的築年数が浅いものは、設備にも遜色がなく、内装なども現代風なので、違和感を覚えません。また、内装リフォーム済みのデザイナーズマンションを探すのもよいです。壁紙やフローリングが新しくなっているため、快適に過ごすことができます。まずは気になるエリアでいくつかの物件を見せてもらうことから始めましょう。